Ray

好きな人と喧嘩…良い関係につながる上手な謝り方とは?

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
好きな人と喧嘩…良い関係につながる上手な謝り方とは?
大好きな彼と喧嘩をしてしまった......一緒にいる時間が長いからこそ、喧嘩してしまうこともあるもの。恋愛に喧嘩はつきものですが、喧嘩が長引くのはストレスですし二人の関係にとっても良くありません。上手に謝って、今まで以上にいい関係を築いていきましょう。
目次
  1. 自分から謝る
  2. 嫌だと思ったことはちゃんと伝える
  3. 感情的にならない

自分から謝る

まず、自分も悪かった部分もあると感じているのであれば、自分から謝りましょう。もちろんほとんどの場合で、片方だけが悪かったということはありません。相手の方が悪い場合もあります。ですが、自分にも非があると少しでも感じているのであれば、その部分についてはしっかり謝りましょう。

特に相手がプライドが高い人だったりすると、自分から謝ることができない場合もあります。あなたがあなた自身の非を認めて謝ることで、相手にも謝りやすい状況を作ってあげられますよ。

嫌だと思ったことはちゃんと伝える

嫌だと思ったこと、相手に非があると思っていることはちゃんと伝えましょう。自分から謝るということは、相手のご機嫌取りをするということではありません。自分の非を認めその部分を反省していると伝えることです。相手の間違っている部分は、相手もちゃんと反省してもらわないと、また同じことが起こるでしょう。

また、自分の気持ちや思いを伝えるなかで、「実は誤解から喧嘩をしていた」とわかるのもよくあること。その後も良い関係を築くためにも、自分だけが我慢して喧嘩を終わらせるのではなく、ちゃんと相手にも間違っていることを反省してもらうようにしましょう。

感情的にならない

喧嘩した直後は感情的になってしまいがち。感情をおさえる自信がなければ、少し時間をおくのも手です。あまり時間をおきすぎると、どんどんお互い謝りづらくなってしまうので、1日~2日くらいして少し落ち着いたころに連絡すると良いでしょう。

あるいは、直接会って話すのではなくLINEなどでメッセージを送るのでも良いです。メッセージだと要点を絞って伝えることができるので、感情に任せて余計なことを言ってしまうということがありません。また、メッセージを書くことで自分の感情が整理され、自分の間違っていた部分や、今後どうしたいかなどがハッキリしたりします。

恋愛中は相手に多くを求めすぎたり、あるいは誤解から喧嘩をしてしまうのはよくあること。ですがしっかり仲直りできたら、喧嘩をする前よりも愛情が深まるということもあります。上手に謝って、より良い関係を築いていきましょう!

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com