Ray

【逸品】はなんて読む?「いつひん」ではありません!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【逸品】はなんて読む?「いつひん」ではありません!
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!
目次
  1. 「逸品」は何て読む?
  2. 果たして、正解は?

「逸品」は何て読む?

逸品を「いつひん」と読んでしまうかもしれませんが、それは間違い。合っていそうに見えますが少し違います。

いったい、「逸品」はなんと読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「いっぴん」でした!

逸品は、とても優れた品という意味。「この料理は、私には贅沢すぎる逸品だ」のような使い方をします。

逸品以外の言葉で同じ表現をしたいときは、佳作、良品、絶品などに言い換えることもできるんです。

このほかにも、類語はたくさんあります。言い換えのバリエーションを増やせば語彙力がアップするので、かっこいい文章が作りやすくなるかも。

さらに、逸品には同じ読み方で同じ使い方をする言葉があります。それは「一品」です。一品も逸品と同じ意味を持つので、同じような使い方ができます。

しかし、一品の場合は「一つの品物」という意味でも使われるので、一品の方が用途の幅が広いです。

読みと意味が一緒だと使い分けが難しくなりますが、逸品の方は優れていることのみを表すので、その意味が伝わりやすいかもしれません。時と場合に応じて上手に使い分けましょう。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com