Ray

【彼ママに挨拶】育ちの良さをアピールするための「3つの掟」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【彼ママに挨拶】育ちの良さをアピールするための「3つの掟」
付き合っている彼のママに挨拶するときには、気をつけることがたくさん!せっかく挨拶するのなら、少しでもいい印象を与えたいですよね。今回は、「あの子、育ちがいいのね」「いい子と付き合ってるのね」と言われるために意識したい振る舞い方を紹介します!
CONTENTS
  1. お土産は事前にリサーチすべし
  2. 言葉遣いや話し方は事前に練習しよう
  3. 服装はおしゃれさよりも清潔感を意識して

お土産は事前にリサーチすべし

仮に、彼が「親に気を遣わなくてもいいよ」と言ったとしても、必ずお土産は用意しましょう。値段は、高すぎず、かといって安すぎないものを選びたいところ。状況にもよりますが、大体、2000円〜3000円ほどのものが無難です。

肝心なのはお土産の内容!彼を通じて、彼のママの好きなものを事前に調べておくことがおすすめ。もちろん、あなたの住んでいる地域の特産品など、話題になりそうなものを渡すこともOKです。

大切なのは、「相手のことを考えた心遣い」ができるかどうか!内容量や日持ちするかどうかなども含め、失礼のないようにしっかり準備しましょう。

言葉遣いや話し方は事前に練習しよう

普段、若者同士で話していると、どうしても「やばい」「でかい」など、適切ではない言葉を使ってしまいがち。また、彼のことを普段からあだ名で呼んでいる場合は、当日も同じように呼んでしまう可能性もあります。

彼のママの性格によっては、それらを受け入れてくれる場合もありますが、基本的には、丁寧な日本語を用いる方がベスト。そして、彼のことは、「名前+さん付け」で呼ぶことを徹底しましょう。こちらも、事前に会話の場面を想定した練習を行っておくと安心です。

服装はおしゃれさよりも清潔感を意識して

当日は、彼や自分のためのおしゃれをするのではなく、落ち着いた服装を心がけてください。短いスカートや露出のあるシャツなどは、絶対に選ばないようにしましょう。デニムも避ける方が無難です。

おすすめファッションは、白いシャツに淡い色のカーディガン、膝下のスカートにパンプスを合わせたコーディネート。このように、女性らしくて、清潔感のある服装がベストです。また、化粧やネイルも控えめにしておきましょう。

彼ママに、好印象を与えることができれば、今後の彼との関係がよりよいものになっていくはず。

ぜひ、これらを意識して、育ちの良さをアピールしてみてくださいね!

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事