Ray

「甘やかす」と「優しい」を履き違えてない?彼氏と対等の関係を築くために必要なこととは

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「甘やかす」と「優しい」を履き違えてない?彼氏と対等の関係を築くために必要なこととは
カップルにケンカはつきもの。彼から言われた「優しくない!」の一言に、女子は傷ついてしまいます。彼はなぜそんなセリフを言うのでしょうか?なんでも許してあげるべきでしょうか?長く付き合うカップルは「優しさ」と「甘やかし」を違うものだとしています。
目次
  1. 彼が優しさを求めるのは親密だからこそ
  2. なんでも許す「甘やかし」は「優しさ」と違う
  3. 対等に優しくしあえるカップルが理想

彼が優しさを求めるのは親密だからこそ

男性は、男性同士の意地の張り合いの中で生活しています。女性も同性マウントがありますが、男性同士もすさまじいのが本当のところ。

マウンティング合戦の中で、ほっと一息つきたい時に「癒しがほしい……」と彼女を求めるのです。「癒してくれる子がタイプ」という男性は、毎日自分を高めるために頑張り続けている人なのかもしれません。

そんな彼が、親密な彼女にだけは優しくしてほしいとつい願ってしまいます。

なんでも許す「甘やかし」は「優しさ」と違う

頑張っている彼ならいつでも優しくするべき?というと、違います。

彼のやっていることをなんでも許したり、代わりにやってあげるのは、「甘やかし」で、「優しさ」とは異なります。

「優しさ」とは、相手のことを一人の立派な人間として認めてあげること!

もし、あなたが彼より得意なことがあれば代わってあげてもいいですが、基本的に自分でできることは自分でやってもらいましょう。

相手の求めるままになんでも与えてあげるのは、「赤ちゃん扱い」と一緒です。親から離れてちゃんと大人になった二人だから、きちんと自立していたいですよね!

対等に優しくしあえるカップルが理想

「優しくない!」とケンカ中に言われたら、時には突き放しましょう。相手が求めているのが、「優しさ」ではなく「甘やかし」のことがあるからです。

「これは彼のママになってるみたいだな」と思ったら、無理に応える必要はありません。あなたは彼のパートナーであって、ママではないのです!

あなたも彼に親の役割を求めずに、お互い自立した関係を目指しましょう。自立した二人は、お互いのことを監視しませんし余計な口出しもしないものです。そんな二人が一緒にいると、心地いい関係が築けますよ。

カップルのどちらかが保護者にならないようにする……そんな工夫ひとつで、自分を大切にしつつ相手も大事にする二人になれます。優しさを求められたら、それが対等な関係なのかどうか、一度考えるのもいいかもしれません。

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com