Ray

【知っていると自慢できる!?】難読漢字クイズ「駱駝」はなんて読む?

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【知っていると自慢できる!?】難読漢字クイズ「駱駝」はなんて読む?
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?
目次
  1. 「駱駝」は何と読む?
  2. 果たして、正解は?

「駱駝」は何と読む?

どちらもあまり見かけない漢字ですよね。

ただ、両方とも「馬へん」の漢字です。それがヒントになるかもしれません。

馬と同じく、人間を乗せてくれるアノ動物を表しています。

さて、あなたは読めますか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「らくだ」でした!

らくだといえば、砂漠を人を乗せて歩いているシーンを思い浮かべますよね。

アラブでは、自動車が普及するまでは重要な移動手段であったため、「砂漠の舟」とも呼ばれているそうです。

また、鳥取砂丘では、ラクダに乗って散歩ができるという有料サービスも行われています。

ちなみに、らくだといえば背中のコブが印象的ですが、中には何が入っているかご存じですか?水分が入っていると思われている方も多いと思いますが、そうではないんです!

らくだのコブに入っているのは実は、脂肪。

エネルギーの備蓄や暑さから体を守る断熱材のような働きをしているのだそう。

そのため、らくだが砂漠を長期間旅すると、コブの部分がしぼんでしまうこともあるんだとか。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com