Ray

「妹みたい」とは言わせない!年上男性に意識されるテクニック6選

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「妹みたい」とは言わせない!年上男性に意識されるテクニック6選
自分より年上で恋愛経験や、社会経験が豊富な『年上男性』。女性なら1度は付き合いたいと考えたことありませんか?年上男性はある程度経験を積んでおり、可愛い妹のように思われていて、全く相手にされないのではないのかとネガティブに考えていませんか?そこで今回は大人の余裕と魅力たっぷりな年上男性に効果的なテクニック6選をご紹介します。このテクニックを使えば、年上男性もあなたの虜になってしまうでしょう。

敬語で話す時にタメ口と合わせて話す

効果があると思いがちなタメ口ですが、まだ仲良くなって日が浅い関係の時にこのテクニックを使ってしまうとイメージが下がるだけではなく、『敬語すらまともに使えない人』認定されてしまいます。

なので、ある程度仲良くなってから使うと年上男性をドキッとさせることが出来ます。ただの親しい後輩だと思っていた男性から、急にタメ口を使われたら同級生のように距離が近くなったみたいでドキッとしませんか?

男性も同じで、特に意識していなかった後輩の女性からタメ口を使われると「急にどうしたんだろう?」と意識させることが出来ます。

あまりにもあからさまなタメ口だと、人によっては不快にさせてしまう可能性もあるので、会話の途中で「そうなんだ!」とか、「それで?」などさりげなくタメ口をはさんでみたり、「うんうん。」といった相槌にも使うことが出来ます。

頼ったりするだけではなく、一生懸命に頑張っている姿を見せる

やはり男性は女性に頼られたいと考えている方が多いと思います。ただ甘えるだけではなく、一生懸命に頑張っている姿を見せるのが重要です。頼られるのが嬉しいものの、年上男性は皆忙しく時間に追われています。

なので”調べたら簡単に出てくるもの”や、”人に頼らないで”自分1人で出来そうなことで頼られてしまうと「一人じゃ何も出来ない子なのかな」「”頼られるのが”めんどくさいから自分からは関わらないでおこう」というマイナスなイメージがつき距離が出来てしまいます。

そう思われないためにもまずは自分で調べてみる事を徹底し、”自分”1人で解決出来そうなことは解決しましょう。調べても分からなかった時には「調べても分からなかったんですけど……」と一言添えると、”自力で解決しようとしていた”という意志が伝わるので”男性も「頑張ったんだな」と思い、手助けしたくなります。

まずは、何か問題があったときに解決のために努力できる、自立した女性を目指しましょう。

男性を立てる

男性は見栄っ張りな生き物と言われているように、自慢されたりすることに優越感を覚える男性もいます。具体的にどのようにすればいいのかというと、男性の自尊心などを高めたりすることが効果的です。

男性が教えてくれたことに対して「すごいですね!」や、「そうなんですね!知らなかった!」などのリアクションをすることで、男性は「この子は俺の話を喜んで聞いてくれている。」と自信がつき、色々な話を聞かせてくれるようになります。

どんな話でも笑ってくれたり、素直に聞いてくれたりすると、誰でも嬉しいと感じると思いますよね。

それを異性にされることで男性も自信をつけることが出来ますし、もっと話したいと思ってもらえます。非常に使いやすく、効果的なテクニックなのでぜひ試してみてください。

下の名前+さん付けで呼ぶ

どうしても会社の中だと苗字+さん付けが一般的なので堅苦しい印象になってしまいます。

そんな時に使いたいテクニックは”名前+さん付けで名前を呼ぶこと”です。

このテクニックは様々なシーンで使うことが出来ます。例えば、仕事終わりに「〇〇さん、お疲れ様です」と呼んでみたり、不意に「〇〇さんって……」と話しかけ会話をしてみると、男性側も「急にどうしたのかな?」と気になったり、男性側から「なんで名前で呼んだの?」とリアクションしてくれることもあります。

男性側からリアクションしてくれると会話も広がり距離が縮まりやすくなります。

下の名前で呼んだあとに「〇〇さんも私のこと下の名前で呼んでみてほしいです」と可愛くお願いしてみると、男性側もドキッとさせることが出来るでしょう。急に呼ぶと引かれる可能性があるので、ある程度距離が縮まったら使うと自然に使いやすくなります。

日付を指定してデートに誘う

先ほども言いましたが、年上男性は仕事に追われていて自分の時間がないという方も少なくありません。

そんな年上男性に「空いてる日あったら教えてください!」と誘っても、「また連絡する。」と言われたっきり連絡が来なかった、という経験がある女性もいるのではないでしょうか。

男性側も連絡しようと思っていても仕事が忙しく、そのまま連絡を忘れてしまったというパターンも聞いたことがあります。

そうならないためにも”女性側から積極的に「〇日空いていますか?」と誘うこと”が大切です。

よほど苦手な相手ではない限り誘いに応じてくれますし、男性側からしても女性から誘われると嬉しいと思っている方が大半なので自分から積極的に誘ってみましょう。

誘った日が必ず予定が空いている訳ではないので、いくつか日にちの候補を上げておくと会話も気まずくなりにくく、スムーズに予定が決まります。

その人の年代に合わせた曲や流行った物についての話をする

自分の年代に合わせた流行りや曲について話ができる人がいるというのは嬉しいもので。特に年下女性とそのような話が出来ると、懐かしい気持ちになって話が盛り上がること間違いなしです。

あまり年が離れていない男性にはそこまで効果がないのですが、4歳以上年が離れている男性には効果的なテクニックになります。

自分のために色々流行りについて調べて話をしてくれると「自分のためにしてくれたんだ!」と感じるのでグッとくるのではないのでしょうか?さらにそこから話を深堀りして「他にはどんなのが流行ったりしたんですか?」と話を広げたりすることが出来ます。

さらに男性側から「〇〇ちゃんの時にはどんなのが流行ったの?」と話を振ってくれることもあり話が弾みやすくなります。

ポイントとしては最初からがっつり調べると男性側もやりすぎ感を与えてしまいますので、ほどほどに調べることが大切です。

話を聞くときも嬉しそうに前のめりになって聞くと「この子にもっと色々話したい!」と好印象を与えることが出来ます。

まとめ

年上男性に好かれやすい女性の特徴として、

  • 素直
  • 愛嬌がある
  • 笑い上戸
  • 礼儀正しい
  • 精神的に自立している

といった特徴があります。

やはり年齢が上ということもあり、精神的に自立した女性を求めている男性が多いように感じます。

また、若い時のような刺激的な恋愛よりも癒しや安定感を求めている傾向があるので、先ほど挙げた特徴に当てはまる魅力的な女性になれるように先ほど紹介したテクニックを参考にしてみてくださいね。

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事